« 9. 正座/あぐら | トップページ | 10.しゃがむ »

2006年7月 3日 (月)

9.正座/あぐら

Img_0004_8 正座=和、という単純な発想。

和服といえば、昔通っていた着付け教室の先生の和服が理想。いい年の(?失礼)おばあさんだったんだけど、細部にまで気を使って本当にチャッキリと着こなしていて、いつ拝見しても素敵でした。

その先生の和服姿は、毎回季節物や小間物にまで気を使ってらして、全体像も美容院で着付けた感じの「着せられてる」かんじでもなく、初心者のどことなくだらしない着こなし(これは私;)でもない。着物は要所要所がピシッ!と決まっていると、本当にかっこいいんだよね~~。私自身は結局着物は着なくなってしまったけれど、見る目だけは養われたかも。

おっと語ってしまった;

膝のあたり、もう少し光沢を出したかったな。

|

« 9. 正座/あぐら | トップページ | 10.しゃがむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98728/2476535

この記事へのトラックバック一覧です: 9.正座/あぐら:

« 9. 正座/あぐら | トップページ | 10.しゃがむ »