« 8.水の中 | トップページ | たゆたう肢体・下絵2 »

2007年2月18日 (日)

たゆたう肢体・下絵

070218 今日はもうダルイんで下絵で誤魔化そう。

水面にたゆたう肢体のイメージ。肢体は死体なんです。美しい死体ってさいこーにロマンティックだと思うんだけど、昨今んなこと書いたら問題発言なのかなぁ; 

でもでも、赤毛のアンだって物語の中でそー言って、死体ごっこしてあやうく死にかけたってエピソードもあったし、古典作品だって死体はよく絵画のモチーフになってるしねぇ。ってそんな言い訳をしつつ。

イメージはミレイのオフィーリア。も、これ、だーーーーーーい好きな作品です。テート美術館にも何度足を運んだことか。

ロンドンのテート美術館は、ラファエロ前派の絵が多くて、とってもロマンティックでとっても大好きな美術館なんです。

日本の美術館と違って、入場料は無料だし、ロープもギリギリまで下げてくれてるからかなり絵に近づいて鑑賞できるし、ほとんどの絵画に無粋なガラスがはまってないから、好きなだけ目をこらして絵の具の盛り具合とか観察できるし。

模写も好き放題できるから、近所の小学生たちがワイワイそこらに座り込んで観察したり絵を描いたりする様もほほえましいです。ビバ!ロンドンアート事情!ビバテート!

。。。えー、ちょっと興奮しすぎましたが、コレは明日までには完成させよう。そうしよう。

|

« 8.水の中 | トップページ | たゆたう肢体・下絵2 »

コメント

>スゥさん

スゥさんもご覧になりましたか!
お好きでしたか、イイですよね~vv
ミーハー旅行も、楽しいですよね。
私もそういえば、はじめてのロンドンのときは、バッキンガム宮殿の前の衛兵と一緒にがっつり写真を撮ったことを思い出しました(笑)10年以上昔の話ですけれども。うーん懐かしい。。

投稿: ふるまり | 2007年2月20日 (火) 02時53分

英語まったくダメで観光地巡りのミーハー旅行だったのですが、
10年程前、ロンドンへ行った時、
この絵を見たことを思い出しました。
西洋美術史、ろくに知らないのですが、この絵は大好きです。
懐かしい気持ちになりました。
ふるまりさんの絵の完成も楽しみですv

投稿: スゥ | 2007年2月20日 (火) 00時16分

>kanatarataさん

そういえば、漱石もオフィーリアについて書いてましたね。たしか幽霊画っぽいスケッチもしていたような気がしましたが、私の記憶違いかなぁ?
漱石はロンドンにそもそもいいイメージもってなかったのでしょうから、やっぱり陰鬱な印象になったのかしら?

実物は、たしか横幅1メートルくらいの小さな絵ですが、ものすご~~~く細かく、細部にいたるまで繊細に書かれています。そしてリンク先の画像とほぼ似たような感じで、明るいです。額縁もとても繊細で美しかったです。
まぁ、私の目もだいぶハートでしたので、偏っていたのかもしれませんけれども(笑)

>今日明日は、完成作見たさに、ちょこちょこのぞきに来ますね。

あう、がんばりますw 今からとりかかります~。

投稿: ふるまり | 2007年2月18日 (日) 22時28分

>れんさん

ダヴィンチもイイですよね~、「レダの頭部」といったらデッサンかな?ダヴィンチはデッサンも垂涎ものですよねぇ(^^*
そういえば、でも、同じダヴィンチのモナ・リザは、がっつりガラスに入っていてそしてロープも距離があって厳重で、しかもガードマンさえいたような記憶があります。(ルーブルで)
もしかしたらガラスのあるなしは、絵の価値とか古さ・・!?に比例していたのかもしれません(^^; そして美術館にもよるのかも。

ヨーロッパはイイですよね、私は遺跡系や僻地系も好きなのですが、ヨーロッパはやっぱり安心感があります。物価高いけど、ボラれる心配もないですし(笑)
ああ、旅行に行きたい~~w

投稿: ふるまり | 2007年2月18日 (日) 21時52分

わぁ、この下絵は今後どうなっていくのでしょう?楽しみ~
さて、ミレイのオフィーリア、いいですねぇ。
美術館で実物をご覧になっているんですか?それも何度も!うらやまし~
私が初めてこの絵を見たのは、夏目漱石の評論つながり(笑)
漱石も見ただろう、ということで紹介されたのは、白黒の小さな写真でした。
その後、カラーでもう少し大判で見たのですが、私の記憶では19世紀の陰鬱なロンドンの暗さと精神を病んだ漱石がしっかりリンクした絵になっちゃったりしてます(^^;
そうやって見ると、ご紹介のページの絵はずいぶん明るいので、少々意外です。実物は、本当はどんな色なんだろう・・・
今日明日は、完成作見たさに、ちょこちょこのぞきに来ますね。

投稿: kanatarata | 2007年2月18日 (日) 11時19分

>無粋なガラスがはまってないから

わあ、いいですね~^^
以前千葉市美術館へダ・ヴィンチの「レダの頭部」を見に行ったのですが、ガラスが光を反射してよく見えなかったことを思い出しました(-"-)

>ビバ!ロンドンアート事情!ビバテート!

すごい行きたくなりました!
その場で模写、いい場所ですね^^
やっぱり私はヨーロッパが好きっ☆
行った事無いから余計憧れます。
それでは、完成楽しみにしています^^♪

投稿: れん | 2007年2月18日 (日) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98728/5380687

この記事へのトラックバック一覧です: たゆたう肢体・下絵:

« 8.水の中 | トップページ | たゆたう肢体・下絵2 »